今日も今日とてOZISANの日記

OZISANのブログが少しでも皆さんの役に立てれば幸いです

【メニエール病】ってどんな病気??

OZISANが十数年前かかったメニエール病

症状が出たときはマジで焦りました💦

 

後に症状から自分でネットで調べて病名が分かり安心したんですが自分の体に今まで起こったことのない症状が出たときの不安感は今でも忘れられません。

 

 

目次

 



f:id:OZISAN401:20210513141613j:image

それは前触れなく突然起こりました。朝起きると目の前がグルグル回ってベッドから起きれなくなり吐き気でとても仕事に行けない状況😫

すぐに病院に行こうとしましたが、自分ではろくに動けません。ましてや車の運転は無理だったので病院までタクシーを使って行くことになりました。当時の病院で診断してもらった結果は原因不明😱

とりあえずよいどめをもらって家に帰ったのを覚えています。それから2日間症状は収まらず「このまま症状が治らなかったらどうしようか」と思っていたら翌日は症状が収まり大事には至りませんでした😅

当時はなんの病気かわからず本当に焦りました💦後にネットで調べてみるとメニエール病というのが同じ症状でした😳

当時もですがあまり耳にしない病気だったので、どんな病気か詳しく説明していきます🧐

 

《メニエール病とは?》

「メニエール病とは、激しい回転性のめまいと難聴・耳鳴り・耳閉感の4症状が同時に重なる症状を繰り返す内耳の疾患」のようです🙄

 

《症状は?》

・初期症状

「閉塞感や低音性難聴、耳鳴りです。初めはこれらの症状が出たりおさまったりしていますが、何度も繰り返し起こしているうちに、めまいの発作を起こす」ようになります。

・活動期の症状

「めまいなどの発作を繰り返など、非常に重い症状が現れます。多くの場合、活動期は2~3ヶ月になります。長いと1年ほど続く場合がありますが、その後は季節の変わり目など、数ヶ月に1度の間欠的にめまい発作が起こる、間歇期に入る」ようです。

・慢性期の症状

「難聴や耳鳴りがでます。もちろんこれにも個人差がありますが、例えめまいの発作が起こらなくなっていても、激しい発作がトラウマになっていて、外出がこわくなる人もいる」ようです。

 

《原因は?》

「ストレス・睡眠不足・疲労・気圧の変化・几帳面な性格などがあると考えられる」そうです。

 

《治療法は?》

「薬による治療が主に行われ、めまいを軽くする抗めまい薬や、内リンパ水腫を軽減する薬が使用されます。 あまりにも頻繁に起こって仕事ができないような時や、難聴の進行が早い時など薬で防げない時には手術が行われることもある」ようです。

 

《OZISANのその後》

おそらく初期段階で治ったのであれから再発は1度はなく今も至って健康です💪
f:id:OZISAN401:20210507002744j:image

しかし、もうあの苦しみは2度と味わいたくありません💦

 

メニエール病を発症した後どうなるかは個人差が非常に大きく、手術に至るほど重症で長引く場合はそう多くはありませんが、とても予測が難しいようです。

OZISANのように2、3回のめまい発作で治ってしまう人や、そう思っていたら5年後にまた症状が出るなど、人によって千差万別のようです。

日頃のストレスや疲労を溜めないようにして、もし同じ症状を発症したら耳鼻科で診察してもらいましょう。