今日も今日とてOZISANの日記

OZISANのブログが少しでも皆さんの役に立てれば幸いです

LINE Liteは本家LINEと何が違うの?実際使ってみた感想 


f:id:OZISAN401:20210601155957j:image
皆さんLINE Liteというアプリをご存知でしょうか?

LINEは言わずとも今や誰もが使っているメールアプリですがこれから紹介するLINE LiteとはLINEの軽量版アプリになります。

本家ラインより機能が少なくその分容量が軽量化されています。

OZISANはこのLINE Liteを2台目のスマホで使っていますので

実際に使ってみた感想や機能を解説していきます。

 

なぜLINE Liteをインストールしたか

OZISANはスマホを2台持ってるのですが、仕事でもサブ機をみながら電話をすることが多く、電話中でも調べごとができるようにしています。1台しか持っていない時はいちいち電話を切ってからスマホで調べごとをしてましたが煩わしいし、それならサブ機を契約してその場である程度問題解決できるようにしました。

ちなみに今の本機はiPhone12miniでサブ機はXiaomiのBlack shark3というゲーミングスマホです。OZISANは根っからのゲーマーなので。

普段iPhone12miniは電話でしか使ってません。ネットでググったりゲームしたりはBlack shark3を使っています。

1番困った事がLINEを本機にインストールするとサブ機でLINEが見れないことでした。

LINEはスマホ1台とPCやiPadなら同じアカウントで使えるのですがスマホとスマホは同じアカウントでは使えません。

 

サブ機でインストールすればいいんじゃ?と思いますがOZISANの使い方だとそれはそれで問題があって本機のiPhone12miniにインストールしておかないとApple Watch に通知が来ないのです。当初は諦めてサブ機にLINEをインストールしてましたがこのLINE Liteを知って問題解決しました。

実際に使ってみて

大変便利です

機能はすべて同じではないですがメッセージと写真を送るだけなら全く問題ありません。

動作が軽いかと言われれば本家でも特に重いと感じないので体感できません。

ただ一斉転送できまないので複数の画像を転送する時は1つ1つの転送になるので面倒です。

便利機能

グループトーク内での既読者が判別できる

LINE Liteでは既読マークが「R」で表示されますがこの「R」を押すと既読者が表示されます。

注意点

軽量版となっているので本家では当たり前にできる機能が削られています。

上記で述べた画像を複数枚一斉に送れない。

 LINE Labsが使えないのでトークフォルダを作れない。

トークのバックアップができない。

QRコードを読み取れない。

タイムラインがない。

LINE Payが使えない。

アルバムが使えない。

LINE LiteがインストールできるのはAndroidのみ。

 

本家LINEと比べ機能が制限されてますのでインストールを考えてる方は自分がよく使う機能が削られていないかチェックしてみてください。

 

 

日本ではGoogle playストアに配信されていません。

ダウンロードは自己責任でお願いします。

LINE Lite の最新バージョン 2.17.0 Android APK をダウンロード