今日も今日とてOZISANの日記

OZISANのブログが少しでも皆さんの役に立てれば幸いです

60ms低遅延ワイヤレスイヤホンがスマホのゲームにオススメ。【RAZER HAMMERHEAD TRUE WIRELESS 】

f:id:OZISAN401:20210618122857j:plain
ゲームする時イヤホン使っていますか?
私はPUBGモバイルというFPSをスマホで3年やっていますが始めた当初は有線イヤホンを使っていました。FPSでは「足音」が聞こえないと敵の位置を把握できないため不利になるからです。

OZISANのPUBGモバイルの記事⬇️
ozisan-nikki.com


しかし有線イヤホンの線が煩わしくなってワイヤレスイヤホンの購入を検討するようになりました。
f:id:OZISAN401:20210618131143j:plain
そこで見つけたのがこのRAZER HAMMERHEAD TRUE WIRELESSです。
有線イヤホンからワイヤレスイヤホンに変えてる前は遅延具合がどうなのか心配もあったのですが使ってみると「全然やれる!」とうのが感想でした。ただ、確かに有線の方が遅延が少ないです。

例えば音ゲーなどのジャンルにはオススメしません❌

ワイヤレスイヤホンには興味はあるけど、どうしても遅延が気になってしまってFPSなど音にシビアなゲームだと使いづらいという方にお勧めするのがこのRAZER HAMMERHEAD TRUE WIRELESSになります。
本記事は実際に使ってみた感想を細かに解説していきますのでよければ最後までお付き合いください。

RAZER HAMMERHEAD TRUE WIRELESSのスペック

Rezer Hammerhead True Wireless スペック
イヤホン周波数特性 20HZ〜20kHZ
マイク周波数特性 300HZ〜5kHz
イヤホン感度 91±3dB @1kHZ
マイク感度 −42±3dB
ドライバー 13mm
インピーダンス 32HZ〜15%Ω
S/N比 ≥ 55 dB
最大入力 8mW
マイク集音パターン オムニディレクショナル
Bluetoothバージョン Bluetooth5.0
ワイヤレスレンジ 最大10m
バッテリー持続時間 最大16時間(ケースでの充電含む)
対応コーデック SBC、AAC
発売日 2019年12月20日
価格(2021年6月18日現在Amazon) 9,980円


同梱
シリコン製イヤホンパッド
ストラップ
充電用USB-タイプCケーブル
クイックガイド


f:id:OZISAN401:20210618132337j:plainf:id:OZISAN401:20210618132340j:plain
イヤホンはカナル型でAIr Podsに似ています。
Razerのロゴが入っていてる箇所がタッチセンサー部分になっていて操作します。
f:id:OZISAN401:20210618134635j:plain
背面にUSB−タイプCの充電ポート。
f:id:OZISAN401:20210618134902j:plain
側面にストラップがつけれるようになっています。

f:id:OZISAN401:20210618141528j:plainf:id:OZISAN401:20210618141517j:plain
イヤホンを充電するときは充電ケースに入れます。
マグネット式である程度適当でも固定されるのでちゃんと充電します。
ケース自体は正直安っぽいですね。

RAZER AUDIOアプリ

f:id:OZISAN401:20210618143304j:plain
専用のアプリから各種設定ができるようになっています。
まずはアプリをダウンロードしてスマホとペアリングします。f:id:OZISAN401:20210618143506j:plain
アプリを立ち上げ、イヤホンケースを開くと自動でペアリングされますのでとても簡単です。
f:id:OZISAN401:20210618191651j:plain
ペアリングが完了すると

イコライザーの設定
ゲームモードのオンオフ
タッチセンサーの割り当て

が設定できます。
ここでゲームモードをオンにすれば60msの低遅延になります。
f:id:OZISAN401:20210618191526j:plain
イコライザーは

デフォルト
低音の強化
高域ブースト

の3パターンから選べるようになっています。
FPSゲームでは低音の足音がよく聞き取れるようにしたいので低音の強化を選ぶといいでしょう。
f:id:OZISAN401:20210618144239j:plain
再割り当ては操作しやすいようにカスタマイズできますのでお好みのカスタマイズで使いやすいようにしてみてください。

ゲーミングモードとは

初期設定でイヤホンのタッチセンサーを3回タップ&2秒長押しで「ゲーミングモード」という外人のガイダンスが流れ、応答速報60msに変わります。ゲーミングモードの遅延具合ですがAndroidであればapt-X LL<ゲーミングモード<apt-Xといった感じです。応答速度をFPSで例えると画面の銃を打つボタンをタップしてから銃声が聞こえるまでの間隔になります。数値が低いほどボタンをタップしてから銃声が聞こえるまでの間隔が狭くなるといったイメージです。

実際使った感想

有線から変え始めは正直違和感に気づきました。ただ比べれば気づく程度です、おそらく60msは2021年の今でも最速クラスになります。付属のイヤホンパッドです始めは使っていたのですが私は耳が痛くなりすぐ外しました。駆動時間ですが単体では3時間しか持たないので長時間プレイするかたは注意です。私も何度かプレイ中に充電切れして困った経験がありました。音質は以前使っていた有線イヤホンRazer Hanmmerhead Duoの方がきめ細かく聴き心地はいいです。Razer Hanmmerhead Duoはデュアルハイブリッドドライバーテクノロジー採用でかなりクリアな音質に設計されています。

まとめ

ゲーミングモードで超低遅延が実現。
音ずれはあるがプレイに影響が出るほどではない。
有線の時に感じていた「煩わしさ」が無くなった。
ワイヤレスなので当然ゲーム以外でも使いやすい。
長時間プレイには向いていない。
音質と充電ケースの作りはもう少し頑張ってほしい。

シビアな音ゲーでは60msでも厳しいですが実際購入して使ってみるとFPSでは全然満足できる性能でした。もしゲームで低遅延のワイヤレスイヤホンをお探しの方は応答速度60msを目安に検討してみてください。2021年6月現在のAmazonの価格¥14,080 ¥9,980円